お金がすべてではないが、お金が大事!

祝日の危険と現実的な、お金にまつわるエピソード

大学生になって初めてのゴールデンウィークに「コンビニでおにぎり1個すら買えない」ひもじい体験をしました。
3日間連続で友達とアーティストのコンサートに行ったのですが、所持金2000円程で当時はクレジットカードも持っていませんでした。
朝に電車の回数券を買ってしまったので数百円しか手元に残っておらず、友達と合流したら銀行ATMで現金をおろせばいいと思っていました。
しかしその日はゴールデンウィーク。
銀行はもちろん、街じゅうのATMはお休みでした。
まさかの、友達も同じ状況で、3日間2人合わせて1000円程の所持金。
目的地までの電車賃を払うのがやっとで、ご飯すら買えませんでした。
カフェでゆっくりしている人、レストランにいる人すら羨ましく、苦しいゴールデンウィークとなりました。
以上、祝日ならではの「お金に困ったエピソード」でした。現実的な話、半分の5万円は貯金に充て、残り半分を使っていいお金にすると思います。
現在夫と結婚をしたばかり、貯金を少しでもしたい時期なのでラッキー!と心の中で喜び夫には内緒で貯金と生活費に回すでしょう。
夫に内緒にする理由は、普段あまり贅沢をさせていない分サプライズプレゼントで喜ばせたり、もしくは自分へのプレゼントをこっそり買うためです。
知らせてもいいのですが、そういうのは知らない方が喜びも大きくなると思うので。
あと毎月10万円あれば、貯金に回すことが現実的ですが、それでも、その分気持ちにゆとりができ、気持ち穏やかに過ごすことができる気がします。

空っぽ財布の持ち主が10万円を手にした時。

大学生の時の事です。
我が家では大学生になるとお小遣い制度がなくなります。
アルバイトをして自分の小遣いは自分で稼げ!働かざる者食うべからず!という家族でした。
給料日前ギリギリで所持金は200円もありませんでした。
友達に大学内のコンビニに行こうと誘われ、断るのも変なので一緒にコンビニへ。
何も考えず会話の肥やしに「喉が渇いたね」と言ってしまったがために、飲み物を買わなければならない空気になってしまいます。
そこで飲み物を買う訳ですが、その飲み物の金額が所持金ちょっきりに。
財布の中が空っぽになる経験をしました。
1円も入っていない財布なんてとても珍しいものです。
この時、「ああ、お金がないな。」と思った瞬間でした。毎月一泊二日か二泊三日の旅行に行きたいです。
今年の8月に我が家に待望の第一子が生まれ、新しい家族が増えたので家族でたくさん旅行に行って、たくさん思い出を作りたいです。
旅行中はもちろん金銭面の事は考えずにたらふく食べたい物を食べ、欲しいお土産を買う事。
食べる事と飲む事が好きな夫婦なので、ご当地の料理や地酒を嗜みたいです。
出来れば旅館は露天風呂付きのお部屋で優雅にのんびりと。
家族全員でのんびりした時間が持てる事は本当に至福の時であると思います。
タイムイズマネー!!

時間の使い方と節約と子育てについて

とにかく次の給料日まで節約。日用品も必要最低限に抑えて、食料品も抑え、食事は自宅にあるもので作ります。そんなとき在宅ワークの収入はとても重要です。100円単位の買い物に対する考えかたが変わりました。仕事の休みの日の隙間時間の在宅ワークは私にとって、無駄遣い防止になります。そして、自宅の掃除、本を売る、子供の服を売る、とにかく片付ける。たいがい金欠の時は、仕事多忙にて、自宅は荒れ放題となっているので丁度良いみたいです。貯金します。小学生の子供の塾代が高くなってきました。うちは母子家庭です。子供の学業のためにとにかく貯金したいと思います。今現在、マンション住まいですが、老朽化が進んでいるため、家屋の修繕、リフォームにも次々かかりそうです。今は親の車でお世話になっていますが、車や子供にパソコン、スポーツで子供がテニスをしていますので、それに関係するものなど。中学受験で合格すると、通学に関してなど。全く余裕ないので自分に自由には使えません。

コメントは受け付けていません。