祝日の危険と現実的な、お金にまつわるエピソード

計画的なお金の使い方で、充実した人生を。

昔社会人になりたての頃は、お金の管理がうまくできず、好きなことに好きなだけお金を使い、クレジットカードの引き落としなどに毎月追われて、給料日前は口座の中が空っぽで引き出すお金がない、ということがよくありました。
今は、毎月どこにどれだけお金をかけて、これだけ貯金ができる、ということを考えてお金を使えるようになりました。
もっと昔から今のように計画的に考えることが出来ていたら、もっとお金も貯まってたんだろうなと今では思います。あと毎月10万円自由に使えるなら、半分は貯金に回して、残りの半分で、普段は行けないような高級なレストラン等に月1回自分へのご褒美として行ってみたいと思います。
もしくは、そういうお店へ両親を連れていってあげたりして、親孝行をしてあげたいです。
そして貯金した金額がある程度貯まったら、年に何回かは海外旅行に出かけて、いろんなところに行って、日ごろの疲れを癒したり、違う文化に触れたりしながら心身共に健康でいられるように過ごしたいと思います。

現金を持って、自分の好きな事に使えるお金を貯めましょう。

私は専業主婦ですが、普段はクレジットカードで支払いをして下さいと主人から言われていて現金を持ち合わせていません。
最近はどこでもクレジットカード支払いが可能なので不便はないのですが、たまたま商店街とか露店など現金でしか支払いが出来ないようなお店に買い物に行ってしまった時、買い物の品をカゴに入れてレジに並び、お金を払おうとした時に「現金がない!」というようなことが数回有りました。
慌てて商品を元に戻して帰ってきました。
そして、結局、クレカが使えるお店に移動するはめに。

やはり、現金は必ず持ち歩かないといけないといけないという結論になりました。
クレカ持ちでは、お金が無いのも同然です。毎週ジムに行き、筋トレをし体を鍛えてくる。
毎月値段が高い美容院に行き髪形を整える。
値段が高い美容液を購入し、ふんだんに使い皮膚を整える。
一年に1回しか買っていない洋服を3か月に一回くらいは購入する。
高い靴を買いたい。
壊れたテレビ、食洗器、洗濯機、ソファー等、そのまま放置してある物を新しく買い替える。
海外に行くために貯金しておき、いつかはスイスかイギリスかアメリカに行く。
友達に旅に行こうとずっと誘われていたが、お金が無いからと断り続けていました。
やっと実行に移せます。

子育てにはお金がかかるから、少子化対策にも月10万支給してほしい!

「お金がないなー」はいつものように思っています。
貯金はありますが、使えるお金がないという感覚です。
もともと貧乏性なので、自分のためにお金を使うことになんだか罪悪感があります。

結婚したばかりの時、まだ主人の給料も少なく私も妊娠中だったので、いつもお金への不安がありました。
節約して、買い物も週に一回、なるべくお金がかからないように過ごしていました。

子供が生まれたらうまれたで、おむつ代がかかる…
本当にいつもお金への不安が付きませんでした。貯金します。
教育費と老後の資金のために。
そして、もう一人子供が欲しいです。

今現在、本当は子供が欲しいですが、経済的な理由であきらめています。
月に10万あるなら、確実に産み、育てます。
子育てにはお金がかかります。
また、出産には期限があるので、すぐにでも妊活を始めます。
おむつ代や食費などすぐ使うお金と将来、子供たちが進路に迷ったときにどんな選択肢でも
応援してあげられるようにしたいです。

実際に10万自由に使えるお金があれば、たまにはおいしいものも食べたいです。

コメントは受け付けていません。