10万円もらっても、結局お金が無いと感じてしまう

10万円もらっても、結局お金が無いと感じてしまう。

毎日お金が無いって思っています。去年あたりから一気に収入が減ってしまったので、少ない給与のアルバイトで稼いだ中で切り詰めています。特に自分が好きな趣味などに充てる分が昔に比べて、だいぶ減ってしまったので、欲しいものがあった時買えずにいるところが、お金がないと思ってしまいます。後ふとした瞬間に感じます。周りが贅沢しているのを見たり、外食している姿を見ると羨ましく思いつつお金がないなと虚しい気持ちになっています。毎月10万円自由に使えたとしても、支払うものがあるので、実際問題そんなに使えないと思います。後貯金をすると思います。まず親が許さないと思います。今の給与にプラス10万円でようやく人並みの生活が送れると思います。少し生活に余裕が出来てきたら、今持っている電気製品が古くなっているので、買い換えようと考えています。10万円は多すぎず、少なすぎずといった感じなので、上手にやりくりをすればいいのかなと思います。

お金に困った話&自由なお金の使い道

一年間を通してある程度の支出分は考えているつもりなのですが、やはり不急遽発生する結婚式や家電の故障なんかがあった場合、ピンチになる時があります。
今までで一番辛かったのは、冠婚葬祭が3つかぶってしまった時です。
そんなにみんな一斉に結婚する事なじゃんと嘆きました。
この時ばかりは、さすがに毎日卵かけごはんになりました。
鰹節での味変や、オクラ、色々な安い薬味等試行錯誤を繰り返しなんとか乗り切ったのはいい思い出です。つまらない回答で申し訳ないですが、案1としては半分の五万円を貯金に回し、残り半分を資産運用の資金として使用したいと思います。
将来がやはり不安だという気持ちがあるので、石橋を叩いて渡りたいと思います。
資産運用である程度プラスになれば、ちょっとした旅行に行って贅沢してみたいです。
案2としては、半分の五万円を貯金してのこりは自己投資に年収を上げるための転職ができるようにしたいです。
お金は使わないと回ってこないんだよというセリフを言ってみたいです。

給料日前はギリギリの生活、たとえ収入が増えても貯蓄へ。

特に、お給料日前の1週間です。
私自身が主婦なので、毎日の献立メニューにも影響が生じてきますし、自分のものはともかくとして、お給料日前のギリギリで、幼稚園の不測の費用や子供関連の費用を算出することがとても苦労する時があります。
お給料がでたら、週でお金を分けて、計画的に使えれば・・と毎月考えますが、子供関連の費用は不測の事態が多く、なかなか思うようにはいかないものです。
子供が産まれる前までに、もっと多くの貯蓄をしておけばよかったと、つくづく感じます。
将来のための貯蓄ができるように、毎月の金銭計画を練り直す。
あとは貯蓄とは別に、旅行費用として少しずつ貯めておき、一年に1・2回家族で温泉旅行、または遠出の旅行(東京ディズニーランドやUSJなど)に行ければ最高です。
毎月10万円増えたからといって、衣食住面での毎日の生活レベルが格段にかわるかというと、それはないと思います。
増えた分はそれはそれとして、別物のお金として、主に貯蓄として考えると思います。

コメントは受け付けていません。